ジョン・スミスのまともな投資日記

「普通の人」ジョン・スミスが、「そこそこ儲ける」ための方法を試行錯誤する日記です。

IPO予想当選確率計算モデルを改良しました(β1.1)。

IPO当選確率計算モデルを改良しました。これで、β版の基本は完成です。あとは適宜修正を加えていく予定です。

変更点

①人気感応度補正を他の証券会社(楽天、マネックス、カブコム、東海東京、岡三、丸三、いちよし、松井、岩井、むさし。HS)にも導入しました。一応、参考としてSBI・ライブスターも計算しています。

②ソフトバンクIPOで、スミスの予想に反して東海東京証券が全プレになったことを考慮して、東海東京証券および、同じタイプの推計をしている岡三・丸三証券の基本参加者数を減少させました。

③最近のIPOの人気化傾向を反映して、野村・大和・SMBCの参加者を1割程度増加させました。これはSMBCの申込番号を参考にしています。

④申込が簡単になった松井証券といちよし証券の基本参加者数を増加させました。

 

計算式

予想当選確率=個人抽選配分枚数(A)/参加者数(B)
・個人抽選配分枚数(A)=(配分枚数)*(個人配分率)*(抽選配分率)
・参加者数(B)=(基本参加者数)*(平幹事補正)*(人気感応度補正(変動))

(〇公表されている ▲未公表の場合は推計も含む △スミスによる推計) 

▲配分枚数:各証券会社への割当枚数
△個人配分率:全配分のうち、個人投資家に当てられる割合
〇抽選配分率:個人投資家への配分のうち、抽選に当てられる割合
△基本参加者数:Bランク銘柄銘柄を基準とする標準的な参加者数
△平幹事補正:平幹事の参加者数は主幹事の83%程度になるのを反映(大手5社のみ)
△人気感応度補正:銘柄の人気度に合わせて基本参加者数を変動させる。各証券会社の人気感応度のタイプはα・β・γ・δ・εの5種類のいずれかに分類。*1

 

 

 

内部データは非公表です。

 

次回のIPOから、この新版(β1.1)で計算します。

 

今回はこれくらいで。それでは、また。


                             J. S.

*1: 例えば、資金拘束のあるSMBCなどでは、人気の高い銘柄に絞って参加する人が多く存在するため、人気が上がると参加者の増加量が大きくなる。一方、野村證券は申込資金不要のため、Cランク以上の銘柄では人気が上がっても参加者の増加量は比較的小さいと考えられる。こうした人気に対する変動の仕方のセットを5つ用意した。